Japanese | English

前へ
次へ

Unstoppable Wireless Wave!

 現在、スマホやWiFi、IoT機器などワイヤレス通信(電波)の利用シーンはますます増え、その裾野が今後も広がり続けるのは間違いありません。「5G」に代表されるように、将来のワイヤレス通信は一層の高速化を目指しています。しかし、「電波を使う」ということは「周波数を使う」ということであり、その周波数資源の逼迫が大きな問題になっています。また、将来のワイヤレス通信・電波応用をより良いものにしていくには、ワイヤレスを支える電磁波回路の一層の小型化・高性能化・高機能化が求められています。
 そこで、埼玉大学 馬・大平研究室では、ワイヤレス通信の重要なハードウェアコンポーネントである受動回路(フィルタ、アンテナ、パワーデバイダやそれらの複合回路)の研究を通して上記の課題解決に取り組んでいます。これらについて基礎理論から工学的応用の解析・設計、さらには高周波用測定機器を用いた実験的研究を並行して行っています。現在のマイクロ波・ミリ波回路に関する諸問題はもちろんのこと、将来の電波利用も見据えて新しい研究も進めています。

研究内容


MWE 2021 | Yokohama, Japan

研究室ニュース

2021年11月26日
MWE 2021大学展示に出展しました。
2020年11月27日
MWE 2020大学展示に出展しました。
2019年6月18日
受賞】大平昌敬准教授が電子情報通信学会ELEX編集貢献賞を受賞しました。
2020年3月25日
研究室で学位授与式を行いました。
2020年1月1日
三澤亮太 助教が着任しました。
2019年12月24日
研究室忘年会を行いました。
2019年11月30日
MWE 2019大学展示に出展しました。
2019年8月27日
研究室暑気払いを行いました。
2019年4月23日
研究室歓迎会を行いました。
2019年4月9日
新しいB4とM1を研究室に迎えました。
2018年4月1日
王 小龍助教が離任し、中国・吉林大学・教授に着任しました。
2016年3月16日
表彰】大平昌敬准教授が電子情報通信学会エレクトロニクスソサイエティ活動功労表彰を受賞しました。
2016年1月1日
王 小龍 助教が着任しました。
2014年12月11日
受賞】大平昌敬准教授がIEEE MTT-S Japan Young Engineer Award及びMichiyuki Uenohara Memorial Awardを受賞しました。
2012年12月13日
受賞】大平昌敬助教がIEEE AP-S Japan Chapter Young Engineer Awardを受賞しました。
ページのトップへ戻る